お金を稼ぐ

お金を稼ぐ種類って、どんなものがあるの?【時給労働以外にもたくさんあります】

どうもノマドライフを目指しているてっしゅうです。

今回はお金を稼ぐ種類って、どんなものがあるのかについてまとめていこうと思います。

実際に日本では、お金の稼ぎ方について学ぶことがほとんどないです。

お金の稼ぐ種類を知っておけば、いろいろな選択肢から働き方を考えることができます。

Tesshu

お金を稼ぐことって、就職やバイトだけではない

お金を稼ぐことを日本の教育では、学べないです。

お金を稼ぐためには、色々なパターンがあるということです。

時間を売って、辛い仕事をやること以外にもたくさん手段があります。

知らないというだけで、人生の選択肢を狭めるのはもったいないです。

お金の稼ぎ方の種類をまとめてみた

お金の稼ぎ方をまとめてみると以下のようになるのかなと思います。

・TIM(Time Is Money)

・RIM(Result Is Money)

・KIM(Knowledge Is Money)

1つずつまとめていきます。

お金の稼ぎ方の種類:TIM(Time IS Money)

TIMとは、時間をお金に変える人です。

サラリーマンやアルバイトなど、時給労働で働く人のことです。

多くの人が、最初はTIMの働き方からスタートすると思います。

自分の場合はコンビニのアルバイトからスタートでした…

時間をお金に変える働き方は、時間分働けば、すぐにお金と換金できる反面給与などが上がりにくです。

もし、弁護士やコンサルタントなど、自分自身にスキルがあれば時給での報酬は高い傾向にあります。

お金の稼ぎ方の種類:RIM(Result Is Money)

RIMとは、成果報酬でお金を稼ぐ働き方です。

副業、インセンティブありのサラリーマン、フリーランス、経営者などが具体的な働き方です。

結果=報酬に繋がるので、事業などが上手くいけば、報酬は右肩上がりに上がっていきます。しかし、結果が出なければ、収入が0の可能性もあります。

リスクがありますが、リターンも大きい働き方なのかなと感じています。

お金の稼ぎ方の種類:KIM(Knowledge Is Money)

KIMとは、知識をお金に変える働き方です

投資家や資産家が具体的な働き方です。

労働時間が少ないですが、多くのお金を稼ぐことができます。

現代社会では、誰でも投資家になることができますが、元本が少ないと全然お金は増えないです…

この順序でお金を稼ぐことが大切そう

以下の順番で進んでいくことが必要なのかなと思います。

TIM 👉 RIM 👉 KIM

こんな感じで進んでいくことが大切そうです。

自分の事業を持つことが、KIMになれる速度を上げるのかなとお金の稼ぎ方について学んだ時に感じました。

働き方には、色々なパターンがありそうです。

例えば、会社員をやりながら、副業をすることや事業をいきなり作ることなど色々です。

自分の状況やフェイズに合わせて選んでいくことが、大切だと思いました。

お金の稼ぐ種類を知れば、いろいろな選択肢から働けます

お金を稼ぐ種類をしれば、いろいろな選択肢から働くことができるなと思いました。

資本主義社会の仕組みを知っておくことで、今自分がやるべきことや学んでおかないといけないことが少しずつ明確になります!

2020年のコロナのパンデミックをきっかけに、多くの価値観や考え方が崩れてきていると感じています。

その時代の流れを読みながら動いていくことが大事そうだなと考えました!

お金を稼ぐ種類って、どんなものがあるの:まとめ

今回は、お金を稼ぐ種類ってどんなものがあるのかについて、まとめてみました。

現代社会では、色々な働き方があるなと感じることが多いです。

お金を稼ぎ方を知っていることで、自分のやりたいことを事業にすることができる可能性があるなと感じています。

今後は何かスキルを売ることが仕事になる可能性が高いので、自分自身のできることを増やしていくことが必要そうです。

ITスキル系が良さそうだなと感じています~
自分のできることから、コツコツと動いていくことが一番成果に繋がりそうなので、1歩ずつ積み上げしていく予定です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

-お金を稼ぐ

© 2021 Tesshu Blog