AWS プログラミング

AWSとは? Amazon Web Serviceについてまとめてみた【メリット・デメリット付き】 

AWSって何?

どんなサービスなのか簡単に知りたい。

こんな疑問にお答えします。

慶應大学在学中にエンジニアになりました。

今回は、AWS (Amazon Web Service)についてまとめていきます。

参考になれば嬉しいです。

Tesshu

AWSって何?

AWSはAmazon Web Serviceの略で、アマゾンが提供するクラウドコンピューティングサービスです。

アマゾンといえば、ショッピングのECサイトとして有名ですが、収益を見てみるとAWSも大きな事業の1つです。

このクラウドコンピューティングサービスというものは、サーバーやネットワークなどのシステムをいつでもどこでもレンタルできるものです。

AWSには、ネットワークシステム、データベース、IOT、管理ツール、セキュリティなど様々なサービスがあり、それを組み合わせることでアプリケーションのインフラを構築することができます。

インターネットのインフラ(基礎の部分)を構築することができるサービスと考えると分かりやすいと思います。

AWSの特徴 

ここでは、AWSの特徴を見ていきましょう!

特徴を最初にリストアップしてみるとこんな感じになると思います。

・システム運用に必要な機能を借りることができる

・サービスを組み合わせることが簡単

・専門家でなくても使用できる

・従量課金型

1つずつ簡単にまとめておきます。

システム運用に必要な機能を借りることができる

AWSで使えるサービスはサイト構築する時に必要なものが全て揃っていると言っても過言ではありません。

クラウドサービスが出てくる前は、1つずつのサービスを別の事業者さんから借りなければいけなかったので手間がかかりました。

しかし、AWSは一括して借りることができるので、手間が少なくなるし、必要なもの全てを手配することができます。

システムの管理なども一気に効率化するなと感じています!

多くの企業がAWSを活用しています。

サービスを組み合わせることが簡単

サービスが組み合わせることが簡単なのも大きな特徴です。

システムのインフラを構築する時にほぼ全て揃っているので、簡単に組み合わせることができます。

必要なサービスだけを使うことができることやサービス同士の組み合わせの連携も年々アップデートされています。

もちろん、AWSとAWS以外のネットワークと連携することも可能です。

専門家でなくても使用できる

AWSには、専門家でなくても使用できるような仕組みづくりが行われています。

インターネット環境があれば、いつでも操作できるように仕組みが作られています。

専門家でなくても使用できるように仕組みを作っていますが、ぶっちゃけしっかり勉強しないとAWSを使うのはキツイのかなと感じています。

本で勉強したり、資格を取ってみるとより円滑にAWSを使いこなせるようになるのかなと感じています。

従量課金型

従量課金型を採用しているので、サービスを使った分だけ、料金を支払えば良い形になっています。

将来のことを考えて容量の大きなサーバーを借りる必要がないのは、すごくコスパがよいと思います。

足りなくなったら、追加するというスタンスでシステムを構築することが大切そうです。

AWSのメリット・デメリットをまとめてみた

ここでは、AWSのメリット・デメリットについてまとめていきます。

AWSのメリットとは

AWSのメリットをリストにするとこんな感じです。

・手軽に利用できる

・メンテナンスをAWS運用者に任せることができる

・スケールを上げることができる

・セキュリティーが高い

手軽に利用することができる

手軽に利用できるところは、AWSの大きなメリットだと考えています。

サーバーを立ち上げることなど簡単に行うことができます。

今までは、機材の購入をしなければいけなかったので、大きな初期コストが必要でした。

AWSは初期コストも少なくて済むので気軽に始めることができます。

メンテナンスをAWS運用者に任せることができる

使用するサービスなどのメンテナンスをAWSの運営者がやってくれることも大きなメリットだと考えています。

自分で管理しなければいけない部分もありますが、自社でサーバーなどを構築した場合に比べて比較的保守点検するところが少なくて済みます。

スケールを上げることができる

サービスやサーバーの大きさを簡単に変更することができるので、スケールを上げたい時に簡単にスケールを変更することができます。

グローバル化も対応しているので、サービスなどの範囲を拡大する時にも有効です。

セキュリティーが高い

AWSは、ISO27001(情報セキュリティに関する国際規格)や PCI DSS(クレジットカードの情報セキュリティに関する基準)などの情報セキュリティーに関する認証を取得しています。

安全性が高いのは、大きなメリットになります。

AWSのデメリットとは

AWSのデメリットのリストは以下の通りです。

・維持費が高額になる可能性がある

・サービス選定の難しさ

維持費が高額になる可能性がある

大規模サービスなどを提供している場合は、維持費が高額になる可能性があります。

従量制なので、月額の料金が一定にならないです。

手軽に始めることができる反面、維持費が大きくなってしまい予算管理が難しいデメリットがあります。

個人で使用する場合も、EC2などを立ち上げたままにしておくと課金されてしまうので注意です笑

サービス選定の難しさ

AWSのサービスの選定はすごく難しいです。

提供されているサービスが多すぎるからです。

コストと相談しながら、サービスの選定をしないといけないです。

AWSソリューションアーキテクトという資格を取ってみるのも良いかもしれません。

AWSのサービスや考え方を学ぶことができます。

クラウドコンピューティングサービスはAWS以外にもある

AWSのようなサービスは他にも多く存在しています。

例をいくつか上げてみるとこんな感じです。

・Azure (Microsoft)

・Google Cloud Platform

・Alibaba Cloud

など

簡単比較してみた結果、AWSが最も歴史が長く、サービスの多様性という観点から自分はAWSを学習しました。

情勢などすぐに変わってしまう可能性はありますが、その時は乗り換えすれば良いかという考えです。

AWSとは? Amazon Web Serviceについてまとめてみた メリット・デメリット付き

今回は、AWSについてまとめてみました。

すぐに、サーバーを立てることができる点や個人でも使える手軽さという点ですごく重宝しています。

まだまだ、使いこなすことができていないサービスもあると思うので、実践しながらAWSを学んでいこうと思います~
最後まで読んでくれてありがとうございます。

-AWS, プログラミング

© 2021 Tesshu Blog