旅をしてみて良かったこと・大変だったこと【人生観が変わった】

どうもノマドライフを目指しているてっしゅうです。

今回は、学生時代に旅をしてみて、良かったことや悪かったことについて記事を書いていこうと思います。

今後はノマドライフをして、旅で訪れるところを増やしていく予定です。

Tesshu

旅をしてみた

学生の時に、お金を使って国内・国外の色々な地域を旅してみました。

結論から言うと、旅することってすごく良いことだと思います。

確かに大変なことやカルチャーショックを受けることも多かったですが、自分の世界観を広げるきっかけになりました。

体験談などをベースに旅のことを記事に執筆していきます。

旅してみて良かったこと

旅をしてみて、良かったことは大きく分けると4つあります。

まとめるとこんな感じです。

・忍耐力がつく

・日本の常識が世界基準だと常識ではないことに気がつく

・様々な価値観に触れることができる

・自分の意見を持てるようになる

1つずつまとめていきます

忍耐力がつく

旅をしてみて、忍耐力がついたなと思いました。

日本って、公共施設から日常的なインフラまで整いすぎているなと感じています。

インドネシアなどの国に行くと、トイレの水が流れないことやシャワーの水が出ないことが多くあります。

日本のありがたみに気がつく反面、その環境で過ごすと忍耐力が鍛えられました。

また、食べ物なども世界に行くと色々なものがあるのだなと思いました。

カンボジアで、虫の唐揚げが出た時にかなりビビりましたが、なんとか乗り切りました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

Tesshu Matsuo(@tesshu_matsuo)がシェアした投稿

日本の常識が世界だと常識ではないことに気がつく

日本の常識って、意外と世界では常識ではないんですよね。

例えば、就活などは日本独特な文化なのかなと感じています。

学生なのにリクルート活動しているのはなぜなのかという質問をインドネシア大学の学生に聞かれた時にそういうもんじゃないのって返答している自分がいましたw

インドネシアでは、学生時代は学問に専念してそのあと卒業後に自分がどの場所で社会に貢献できるのか考えてから働くと言っていました。

学生は勉強するものなのに、リクルート活動しすぎという意見でした…

素朴な疑問でしたが、ハッとさせられましたw

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

Tesshu Matsuo(@tesshu_matsuo)がシェアした投稿

様々な価値観に触れることができる

旅をしていると、当然ながら自分とは全く文化や考え方が違う人と出会うことになります。

フィジーに行ったときは、ケレケレという文化に驚きました。

ケレケレを簡単に説明すると、物をシェアする文化ですね。

食べ物だったり、物をシェアしたりする文化です。

友達になった現地の人から、食べ物をもらうなどケレケレの恩恵を受けた反面、スピーカーなどを勝手に持っていかれるという事態もありました。

帰国する前日だったので、かなり焦りました💦

世界には、色々な考え方があるということを知っているだけでも、ストレスフリーに生きることができます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

Tesshu Matsuo(@tesshu_matsuo)がシェアした投稿

自分の意見を持てるようになる

旅をすると自分の意見を持つことができるようになります。

特にアメリカに行ったときは、自分の意見を色々なタイミングで求められました。

自己主張しないといけない国として、アメリカは有名ですが、訪れたばかりのときは何を話せば良いのか分かりませんでした…

自分の意見を持って生きていなかったのだなと、反省しました。

自分の意見を持つためには、自分の国の歴史や文化を知ることや世界情勢について学ばないといけないです。

何も知らない状態で、何か意見を言うと恥をかくことがあります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

Tesshu Matsuo(@tesshu_matsuo)がシェアした投稿

旅してみて大変だったこと

旅をしてみて大変だったこともたくさんあります。

大変だったこともまとめていきます。

・危険なところに行くとお金を取られた

・言語の壁

危険なところに行くとお金を取られた

治安の悪いところに行った時に、お金を取られました。

あれ、財布ない…

まじかって感じでした。

お金がなくなると旅に支障が出るんですよね。

対策として、持ち歩くお金を少額にしていたので、旅を継続できないような致命傷にはなりませんでした。

しかし、物を取られると結構萎えます…

日本ってすごく安全なんだなと実感した瞬間でした。

言語の壁

言語の壁ってやっぱりすごく大きいと思います。

旅先で出会った人としっかりと話すには、英語などの言語を身につけておく必要があります。

最初は会話することが難しいですが、数をこなしていくと慣れていきます~
会話することができると、自分の世界観を広げるきっかけになります。

最初が一番緊張するし、大変な部分だと思います。

旅をしたことで人生観変わった!

旅をしたことで、人生観が確実に変わったと思います。

ぶっちゃけ、旅をしていなかったら、日本の常識でずっと人生を過ごしていたのだなと考えています。

日本の常識内で過ごすことも良いですが、その常識がストレスになっている人も多いのかなと感じます。

当たり前として行なっていることが、視点を少し広げてみると明らかにおかしなことなど結構ありますw

みんなと一緒に行動するのも楽しいですが、競争も激しいので自分は離脱することにしました!

まったり、人生を生きた方が、QOL(Quality Of Life)が高いのかなと感じています!

旅してみる時に大切なことは、できるだけ多くの人と出会うことだと思います~
景色や遺産などは人生観をあまり変えてくれません。

景色で感動することも大切ですが、人とたくさん出会って、人間力を磨いた方が充実した人生を送れます!

旅をしてみて良かったことと大変だったこと【人生観が変わった】

旅をしてみて良かったことと大変だったことについて、まとめてみました。

人生観が変わったことで、人生の選択肢を広げることができたなと感じています~

学生時代の体力がある時に、色々な地域を訪れておいて良かったです!

若いうちは、旅することをメインに過ごしていこうと考えています~

最後まで、読んでくれてありがとうございました。

-

© 2021 Tesshu Blog