起業

【経験談】新卒で起業するメリット・デメリット

 

新卒で起業しようか迷っています。

体験談などあると嬉しいです。

 

こんな人に向けて記事を書きました。

 

どうも、エンジニアとブロガーのてっしゅう(@tesshu)です。

今回は、新卒で起業してみたときの経験談を書いていきます。

参考になれば、嬉しいです。

Tesshu

 

 

新卒で起業した

 

近年では、あまり珍しいことではありませんが、新卒で起業することにしました。

 

理由は、20代前半のエネルギーがあるうちに大変な起業を経験しておくのもアリだなと思ったからです。

 

確かに、学生の頃から準備的なことをしていましたが、実際は迷っていました。

 

就活もしながら、どちらが良いか少しの期間考えていました。

 

結果、起業することにしました。

 

インターネットがある時代だと個人でできる範囲は幅広いことに気が付いたからです。

 

新卒で起業するメリット・デメリット

 

新卒で起業するメリット・デメリットについてまとめておきます。

 

新卒で起業するメリット

新卒で起業するメリットをまとめてみるとこんな感じです。

 

・働く時間など自由に設定できる

・スキルが身につく

・実力がつく

・自分がやりたいことを仕事にできる

 

1つずつまとめていきます。

 

働く時間など自由に設定できる

 

起業した場合は、就業時間など特にありません。

 

自分で設定できるので、働く時間や場所を自由に決めることができます。

 

特にIT系で起業する場合は、自由度は高くなると思います。

 

自分は、IT系ではなく 店舗起業をしました。

 

スキルが身につく

 

起業する場合は、自分で色々なことをこなさないといけないです。

 

会計のことやウェブサイトを作ることなど多くの作業をしないといけないです。

 

1つずつこなしていけばスキルが身につきます。

 

実力がつく

 

起業することで、考えることが増えていきます。

 

どのように経費を削減するのか、今後の社会はどのようになっていくのかを必然的に考えていかないといけないです。

 

また、メンタル面も鍛えられるのかなと感じています。

 

自由度が高いので、自分で自分のことを管理しないと、事業が終わりますw

 

色々な面から見ても、実力がつくなと感じています。

 

自分がやりたいことを仕事にできる

 

自分がやりたいことを仕事にすることができます。

 

新しいアイデアを実現したり、好きなことを仕事にできたりするので幸福度は高まります。

 

自分が得意なことを仕事にすることができれば、生産性も上がります。

 

新卒で起業するデメリット

 

新卒で起業するデメリットはこんな感じです。

 

・社会人の先輩がいなくなる

・実力主義になる

・ストレスが溜まることもある

 

1つずつまとめていきます。

 

社会人の先輩がいなくなる

 

社会人で就職すれば、上司がいることが当たり前だと思います。

 

起業した場合は、先輩を自分で探さないといけないです。

 

社長の先輩を見つけることが必要なことになります。

 

誰かが社会の常識や仕事のやり方などは丁寧に教えてくれません。

 

実力主義になる

 

起業すると、実力主義になります。

 

全ての責任を自分で負わないといけないです。

 

環境的にきつくなるので、頑張れば実力がつきますが失敗すれば色々失います。

 

すべて自己責任になります。

 

ストレスが溜まることもある

 

自由度が高い反面、自分でやるべきことが多いのでストレスがかかることもあります。

 

判断を誤ったら、大きな損失になるからです。

 

適度に休憩しながら、事業を行うことも大切だと感じています。

 

起業する前にやるべきこと

 

起業する前にやるべきことをまとめていきます。

 

自分がやっていたことをメインに書いてみました。

 

リスト化するとこんな感じです。

 

SNSで発信

・お金を貯める

・スキルの習得

 

1つずつまとめていきます。

 

SNSで発信

 

起業する場合は、SNSで発信することが必須です。

 

個人事業の場合は、社会的信用があまりないので発信活動をしていないとなかなか案件を取ることが難しいです。

 

大きなコストをかけずに、仕事に繋げることができるので継続して発信していくことが大切だと思います。

 

お金を貯める

 

お金を貯めることはとても大切になります。

 

お金がないと、精神的な余裕がなくなります。

 

最初は、アルバイトをいくつか掛け持ちでやってみました。

 

その後にプログラミングを学んで案件をとってお金を貯めていました。

 

起業に必要なお金は、業界によって幅があります。

 

自分がやりたいことに必要なお金プラスα持っておくと良いと思います。

 

スキルの習得

 

起業する前にスキルを身につけることは、とても大切です。

 

理由は簡単で、自分でやれば経費を抑えることができるからです。

 

プログラミングやマーケティングをメインに学びました。

 

起業したばかりの時は、なるべく自分で動いた方が良いと考えます。

 

アイデア実現に必要なスキルを学んでおくと余裕を持つことができます。

 

起業したら、感じたこと

 

起業してみて感じたことは、不安感の方が強かったです。

 

キャッシュが容赦なく減っていくからです。

 

やっていけるのかという不安が大きくなりますが、ポジティブに考えていくことにしました。

 

楽しむことを忘れずに、仕事すれば意外といけますw

 

やりたいことがあったら、やってみるべし【起業のススメ】

 

もしやりたいことがあるなら、若いうちにやってみるのが良いと思います。

 

最初は失敗する可能性が高いですが、そこの失敗から多くの学びを得ることができます。

 

仮に若くなくても、やりたいことがあるなら挑戦しておいたら後悔しないのかなと感じます。

 

【経験談】新卒で起業するメリット・デメリット:まとめ

 

新卒で起業するメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

学生起業や起業家がこれから多く出てくると思います。

 

人生のスリルが高まるので、挑戦してみる価値があると思います。

 

この記事が参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

-起業

© 2021 Tesshu Blog