大学生

休学のメリット・デメリット 就活は不利になる? 【A. 目的を持った休学なら、大丈夫です】

 

休学のメリットとデメリットって何?

休学したら、就職活動に不利になるって本当?

 

このような疑問にお答えします。

 

どうも、エンジニアとブロガーのてっしゅう(@tesshu)です。

結論を言うと、目的を持った休学なら、就活で不利になることはないと思います。

休学した経験などをベースに記事を書いていきます。

Tesshu

 

 

休学のメリットとデメリットとは

 

休学のメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

実際に自分自身も休学の経験があります。

 

休学すると良い面もあれば、悪い面もあるなと感じました。

 

休学のメリット

 

休学のメリットは大きく3つあると思います。

・自分の時間を確保できる

・何かに挑戦できる

・就活の役に立つ

 

1つずつまとめていきます。

 

自分の時間を確保できる

 

休学することで、自分の時間を確保することができます。

 

今まで、何もタスクがない時期があった人は意外と少ないと思います。

 

小学校・中学校・高校と進んできた人は、テストや宿題などで日々忙しいですよね。

 

若い時に自分の時間を取ることは、自己分析することができたり、進路なども深く考えたりすることができます。

 

自分がやりたいことや好きなことだけに時間を使う時期があっても良いなと考えています。

 

休学期間に新しい発見や気づきがあるかもしれません。

 

何か挑戦できる

 

社会人になったら、何か挑戦することはとても難しいと思います。

 

週5回、フルタイムで働いたら、何かに挑戦する時間を確保することは難しいです…

 

休学中に何か挑戦することは、とてもメリットがあります。

 

学生が挑戦していると、大人の人が協力してくれることが多いです。

 

何か挑戦したいものに、時間をフルで使うことができるのは、若いうちの特権だと思います。

 

休学中に何か挑戦して失敗したとしても、社会の目は優しいです…

 

就活に役立つ

 

就活に役立つこともあるなと思います。

 

休学をしたことにより、他の人とは違う経験をすることができるからです。

 

面接した時に、休学した経験を話せるようにしておけば、就職活動にも役立ちます。

 

休学すると就活に不利になるという話を聞きますが、休学中の時間の使い方に次第です。

 

休学した時の経験や考えたことが進路に影響を及ぼすということは少なくありません。

 

休学のデメリット

 

休学することでのメリットもまとめておきます。

 

・同期が先に卒業する

・社会に出るのが遅くなる

 

1つずつまとめていきます。

 

同期が先に卒業する

 

休学することで、同期の友人が先に卒業してしまいます。

 

復学したら、同期の友人が少なくなっているので、休学前と少し環境が変わると思います。

 

仲が良かった友人と大学で会えなくなってしまうのは寂しいです。

 

新しいコミュニティなどを見つけることが必要になるかもしれません。

 

いろいろな人と関われる機会になると考えれば、特に気にする必要はないかなと考えます。

 

社会に出るのが遅くなる

 

当然ですが、休学すると社会に出るのが遅くなります。

 

ビジネススキルの習得などに時間を使う人が多いですが、社会に出た方が学ぶことも多いと思います。

 

もし起業することを考えているならば、異なります。

 

就職する場合は、同期が働いてもらっている給与一年分をもらえなくなることをデメリットと考える人が多いのも事実です。

 

休学した時の経験

 

2019年の9月から休学しました。

 

本当は一年ほど休学する予定でしたが、コロナが流行ったので半年で復学しました。

 

半年間と期間は短いですが、休学経験を書いておきます。

 

休学中は、旅や人と会うことに時間を使いました。

 

旅の方では、インドネシアに行ってきました。

 

インドネシアを選んだ理由はこれから、発展してくるだろうなと考えたからです。

 

各都市をくるくるとまわった感じです。

 

活気がすごくて、日本とは違う空気感だなと感じました。

 

ジャカルタの交通渋滞には、疲れました…

 

ラッシュの時間帯は数キロ進むだけで、30分以上かかることもありました。

 

活気に満ちた国を見れたことで、大きな刺激をもらえました。

 

日本国内で会いたい人にアポイントを取って会いに行く。

 

興味がある業界の社長さんに会うことに時間を使っていました。

 

学生といえば、社会人に比べて社長さんに会える可能性は高いです。

 

メッセージ送ってみたり、イベントに参加してアポを取ったりして会いに行く感じです。

 

同じ年代の人以外に会う機会を増やすことで、将来を具体化することができました。

 

休学が就活に与えた影響

 

休学の経験から、将来は旅しながら生きていきたいなと考えるようになりました。

 

いろいろな国を見ることが好きなのだなという発見をした感じです。

 

若いうちにいろいろな国を見たいなと感じたので、どこでも働けるIT系の業界に行こうと決意したのは大きな変化でした。

 

休学を終えてから、就活しました。

 

web制作会社に内定が決まったので、良かったなという状態です。

 

経験などを重視している会社だったので、話すネタがいくつかあったので休学経験を活用できたなと思います。

 

これから、スキルと社会経験を身につけていく時期です。

 

海外でコード書きながら、働けたらベストだなと感じています。

 

頑張ればできそうだなという感覚です…

僕がノマドライフをやりたい理由をまとめてみた

続きを見る

 

旅の経験をこの記事でまとめています。

旅のコンテンツを見てみる

続きを見る

 

休学中にやっておけば良いなと感じたこと

 

休学中にやっておけばよかったなと思うことは、情報発信することです。

 

SNSやブログなどで、自分の考えていることや挑戦したことを発信しておけば良かったなと感じています。

 

最近、情報発信を始めました。

 

情報発信は、思った以上に時間がかかるのだなという気づきがありました。

 

急にたくさんの人に発信できるようにはならないので、休学しているときに行ったことを発信するだけでも価値があると思います。

 

運用中のSNSはこちらからどうぞ

 

休学のメリット・デメリット 就活は不利になる?:まとめ

 

今回は休学のメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

休学しても、就活はそんなに影響はないと考えます。

 

最近は、スキルマーケットの時代に突入しているので、何かスキルを身につけておくことがおすすめです。

 

周りに流されて、なんとなく就活するよりも将来のことを少し考えてから始めても遅くないのかなと思います〜

 

参考になれば幸いです。

-大学生

© 2021 Tesshu Blog