お金を貯める

お金を貯めるには、固定費を見直そう

どうもノマドライフを目指しているてっしゅうです。

今回は、お金を貯めるには、固定費を見直そうといテーマで記事を書いていきます。

お金を稼ぐ前に見直してみると、お金が貯まりやすくなります。

固定費を削減する仕組みが大切だと考えています。

この記事の内容を実践すれば、お金を貯められるようになります。

Tesshu

節約よりもまずは固定費を見直そう!

お金を貯めると考えると、節約するべきなのかなと思う人がいると思います。

しかし、節約をまずよりも固定費をしっかり見直すことが良いです。

理由は以下の通りです。

節約しても、効果が薄い可能性が高く、QOL(Quality Of Life)生活の満足度が低下するからです。

・食費を削る👉安いスーパで買い物

・光熱費を下がる👉電気はすぐ消す

・節水する👉水をあまり使わない

など

確かに節約することはすごく大切ですが、お金を大きく貯められるようになるかという視点ではあまり効果がありません。

食費を削って、健康にあまり良くないものを食べていたら、病気になるので本末転倒です…

まずは、固定費を見直してから、生活の満足度が下がらない程度に節約を心がけることが大切です。

具体的な固定費とは?

具体的な固定費をまとめてみました。

・住居費

・保険料

・車

・通信費

・教育費

1つずつまとめていきます。

住居費

住居費は最も大きな固定費なのかなと考えています。

賃貸としても、10万円くらいは固定費として支払いをしないといけないです。(この金額は人による)

また、3000万円の家を購入したとして、35年ローンを組んだら、金利で1%でも、600万円くらいの利子があります。

住居費を工夫することで、大きな固定費削減につながります。

賃貸の場合の削減方法

自分は一時期不動産業界で、働いていました。

結構閉鎖的な業界なので、あまり知識を持っていないと不動産を契約する時に損をする可能性があるので注意です。

賃貸契約済みの人ができること

賃貸契約をしている人ができることは以下の2つだと思います。

・家賃交渉する

・火災保険の見直し

家賃を交渉する

まずやるべきことは、現在住んでいる建物の家賃を調べる。

そのあとに、近隣の相場も調べてみましょう!

もし、価格が相場よりも高い値段を支払っていたら、交渉した方が良いです。

空室になると、次の人を探す手間やクリーニング代などコストがかかるので、相場の値段まで下がる可能性があります。

数千円も安くなるなら、動いてみる価値があるかもしれません。

火災保険の見直し

火災保険の見直しもかなり大切です。

不動産の仲介業者は、保険の紹介料をもらっている時があるので、不動産契約する時に高い保険を契約されている可能性があります。

確認してみることで、無駄な支出を減らすことができます!

これから、家を借りる人には以下のことをやってみるのがオススメです。

・紹介手数料が無料のサイトを活用する

・繁忙期に部屋を借りようとしない(入学シーズンなど)

・見積書をしっかり確認する

・複数社で物件を探してみる

・条件を交渉する(交渉すると仲介手数料などが安くなることがある)

・手付金を入金しない

マイホームを購入する予定の人

新築の物件は購入した瞬間に値段が下がります。

買ってから、値段が下がるものは資産とは言いません。

購入するときは、いろいろな面を検討してから不動産を買う必要があります。

火災保険なども見直してみましょう~

マイホームを持っている人

住宅ローンを切り替えた方が良い場合があります。

金利が高いものを契約している可能性があるので、確認してみる必要があります。

保険料

保険料も大きな固定費の1つです。

日本人の多くの人は、高額な生命保険に入っているので、家計を圧迫している可能性が高いです。

ぶっちゃけ、生命保険は不要です。

不安を煽られて、入ってしまいますが注意が必要です。

最低限必要な保険だけ入るのがベストです!

以下が必要な保険です。

・掛け捨ての生命保険(子供がいる場合)

・対人対物保険(車やバイクを持っている人)

・火災保険

年間の維持費がすごく高いです。

大体、50万円くらい必要なのかなと思います。

住んでいる場所などによっては、必需品になる可能性もありますが本当に必要かどうか考えてみましょう。

車が必要な場合の固定費削減方法

・中古車を購入する(日本車は中古車でもクオリティー高いです。)

・タクシーを利用する

・レンタカーなどのサービスを利用する

・リセールバリューが高いものを購入する

通信費

現代社会では、インターネットに繋がっている環境はインフラになりつつあると思います。

通信費は、工夫次第で安くなるので見直してみると良いです。

携帯代

格安SIMに変えること、もしくは、プランの変更をすることが必要です。

ちょっと前は、格安SIMに乗り換える方がメリットが多かったですが、今は大手も値段をかなり下げてきているのでしっかりチェックしてみることが必要です。

WiーFi代

家の通信費もしっかり見直しましょう。

契約している会社によって、値段がことなるので常に見直ししてみることが大切です!

教育費

教育費は、すごく高い固定費の1つでしたが、今後の社会では変わってくるのかなと思います。

2020年のコロナの影響で、オンラインで学ぶことが当たり前になりました。

自分自身もリモート授業を受けましたが、大学とは??ってなりました💦

ここ数年間は転換期になると思うので、進路を決めるのは難しいと思いますが何を将来やりたいのか考えて、それに向かってお金を使う方が効率的だと考えています!

お金を貯める目的も決めると、さらに効果がありますよ~

お金を貯める目的もセットで決めておくと、お金を貯めるための行動に活力が出ます!

世界旅行に行くことややりたいことのためにお金を貯めるなど色々あると思います。

人生で将来やりたいことを目標にしてみると、いいのかなと感じています。

今の自分の目標はサイドファイアすることが小さな目標です。

簡単にいうと経済的に自由度がある状態ですね。

人生の選択肢やまったり過ごすことができるので、まずはサイドファイアすることを目標に行動しています。

経済的に自由度があれば、やりたいことなどに時間をフルコミットできると考えています🔥

お金を貯めるには、固定費を見直そう:まとめ

お金を貯めるには、固定費を見直そうというテーマで書いてみました。

固定費が高いとお金を貯めることはかなり厳しいです。

見直すタイミングを何度か作ってみることが大切なのかなと考えています。

固定費を下げることができれば、手元にお金が残るようになります。

残るお金を増やしていくことが、お金を増やすことにも繋がるので工夫していきましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございます。

-お金を貯める

© 2021 Tesshu Blog