プログラミング

【エンジニアが解説】プログラミングを使って働くメリット・デメリット

 

プログラミングを使って働くことのメリットとデメリットってどんなのがあるのかな。

どんな感じの働き方になるのか知りたいです。

 

こんな疑問にお答えします。

 

どうも、エンジニアとブロガーのてっしゅう(@tesshu)です。

慶應大学在学中にウェブエンジニアになりました。

色々な場所で働く経験をしてみましたが、プログラミングを使って働くと自由度が高いなと感じたので記事にまとめてみました。

経験談をベースに、メリットとデメリットについてまとめてみました。

Tesshu

 

 

プログラミングを使って働くこと

 

プログラミングを使って、働いてみると今までの働き方とは違うなというのが、最初に思ったことでした。

 

確かに、IT土方と言われている通りきつい面も多いです。

 

しかし、今後のことを考えると、使えるスキルを持っておく必要があるのかなと感じています。

 

プログラミングのスキルを持っているだけで、個人で稼ぐことができるようになるので、人生の選択肢が増えると感じています。

 

プログラミングで人生を変える方法 【人生設計も変化した】に詳しくまとめました。

プログラミングで人生を変える方法 【人生設計も変化した】

続きを見る

 

自分の場合は、ウェブ制作をメインに活動しているので、その経験談がベースとなります。

 

プログラミングを使って働くメリット・デメリット

 

プログラミングを使って働くメリット・デメリットについてまとめていこうと思います。

 

これから、プログラミングを学んで稼いでいこうと考えている人や学習しようか迷っている人に参考になれば嬉しいです。

 

プログラミングを使って働くメリット

 

プログラミングを使って働くメリットをまとめてみるとこんな感じです。

 

・専門的な知識が身につく

・お金を稼ぎやすい

・働く場所を自由に選べる(会社による)

・実務を積むほど、スキルアップする

 

それでは、1つずつまとめていきます。

 

プログラミングを使って働くと、専門的な知識が身につく

 

プログラミングを使って働くことで、専門的な知識が身につきます。

 

サーバー関係のことやIT技術のことを知っていないと仕事にならないので、必然的に学ぶことになります。

 

プログラミングを使って働くことは、コードを書くだけではないです。

 

お客さんが困っている問題をシステムで改善・解決することが大切なことです。

 

その問題を解決するために、IT関係の専門的な知識が必要になります。

 

経験を積んでいくたびに成長できます。

 

プログラミングはお金を稼ぎやすい

 

プログラミングができるというだけで、1つのスキルです。

 

なので、時給も上がりやすい傾向にあります。

 

もし、自分で仕事を取る場合も、プログラミングのスキルを売ることができれば、単価は上がります。

 

どのくらいかはその人のスキルによります。

 

どのくらいのプログラミングスキルで稼げるか調べたい場合は、こちらのサイトで検索してみると良いです。

 

調べて、必要なスキルを身につければ、案件を取得することができるので一度確認してみると良いかもしれません。

 

自分は単価約10万円のウェブ制作案件を最近受注しました。

 

案件終えたら、ブログにまとめようと考えています。

 

プログラミングで働くと働く場所を自由に選べる(会社による)

 

会社にもよりますが、プログラミングを使って働くと自由に場所を選べると感じています。

 

自分はリモートで働いてみたり、出社したりバランス良く働いています。

 

リモートができる=自由な場所で働けるという事だと思います。


もし自分で案件をとったら、場所は基本的に自由にできます。

 

条件などを確認してみることが大切そうです。

 

プログラミングで実務を積むほど、スキルアップする

 

プログラミングで働くときに必要になるなーと感じているのが実務経験です。

 

実務をたくさん積んでいる人の方が、お客さんの問題を早く解決できるなと感じたからです。

 

先輩エンジニアと自分を比べると、その速度が5~10倍くらい違います💦

 

自分の経験不足を感じる日々ですが、コツコツ実務を積んでいるかいないかの違いなのかなと考えました。

 

実務を積んでいくたびに、スキルがアップするので自己向上にも繋がります。

 

たくさん経験することで、いろいろなところで使えるスキルが身につくのかなと考えました。

 

プログラミングを使って働くデメリット

 

プログラミングを使って働くデメリットをまとめると以下の通りです。

 

・常にプログラミングについて学ばないといけない

・忙しくなりやすい

・AIに置き換わる可能性がある

 

1つずつまとめていきます。

 

常にプログラミングについて学ばないといけない

 

プログラミングを使って働くには、常に新しい技術を学んでいかないといけないです。

 

特にフロントエンド系の技術が進んでいく速度は速いです。

 

【プログラミング初心者必見】フロントエンドとバックエンドについてはこの記事にまとめました。

【プログラミング初心者必見】フロントエンドとバックエンドについてまとめてみた

続きを見る

 

技術が高いプログラマーさんほど、学んでいる量が多いなと感じています。

 

新しい技術が出たら、すぐに試してみたり、英語で情報収集しているなという印象です。

 

プログラミングの学習は、仕事にするなら終わりはないです。

 

変化が激しい業界なので、しっかり日頃から勉強していくことが必要そうです。

 

プログラミング学習に終わりはない件は、この記事にまとめました。

プログラミング学習に終わりはない件 【人生にプログラミングをどう活かすか考えるべき】

続きを見る

 

プログラミングで働くと忙しくなりやすい

 

すごく優秀なプログラマーさんに仕事が集まりやすい傾向があるなと思います。

 

プログラミングで働くと仕事を取りすぎて忙しくなりすぎそうって感じます。

 

会社の経営のやり方にもよりますが、のんびり働ける会社の方が健康には良さそうです。

 

忙しい会社だと、スキルははやく身につきそうですが、体調を崩したりしそうなので、しっかり会社選びはした方が良さそうです。

 

忙しく働きすぎると、目が悪くなります。

 

日頃から目のケアをすることが大切なことになりそうです。

 

プログラミングはAIに置き換わる可能性がある

 

慶應大学でAIについての講義を受講しましたが、その可能性は十分にあると思います。

 

しかし、AIをプログラミングするエンジニアが必要になることは確実です。

 

時代に応じてプログラミングの言語を考えたり、コミットする場所を変えたりしていけば仕事は無くならないのかなと感じています。

 

2000年代はHTMLが書けたら、すごい時代でしたが、今は違います…

 

そんな感じの変化だと思います。

 

【悲報】プログラミングはAIでほぼ自動化されそう【慶應大学でAI学んで感じたこと】で詳しくまとめました。

【悲報】プログラミングはAIでほぼ自動化されそう【慶應大学でAI学んで感じたこと】

続きを見る

 

プログラミングの市場はこれから伸びると思う

 

プログラミングの市場はこれからどんどん伸びていくと思います。

 

理由は簡単で、いろいろな人がサービスを開発することができる時代になりつつあるからです。

 

コロナがそのきっかけになったのかなと感じていますが、これからオンラインで活動する人や企業が増えそうです。

 

投資額もどんどん増えていきそうなので、プログラミングができるとチャンスをつかめるかもしれません。

 

プログラミングを使って働くメリット・デメリット:まとめ

 

プログラミングを使って働くメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

これからは、働き方などが大きく変わっていくと思います。

 

個人で稼ぐスキルとして、プログラミングを持っておくことは、アドバンテージになるのかなと感じています。

 

プログラミングは身につけることが大変ですが、できるようになると人生の選択肢が広がりそうです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。😊

 

 

-プログラミング

© 2021 Tesshu Blog