プログラミング 大学生

大学生がプログラミングを独学する手順【体験済み】

 

大学生がプログラミングを独学する方法を知りたいです。

スクールは高くてキツイから、無料でできると嬉しい!

できれば、働き方なども知りたいな

 

こんな人に向けて記事を書きました。

 

どうも、エンジニアとブロガーのてっしゅう(@tesshu)です。

慶應大学在学中にエンジニアになりました。

プログラミングができるようになったことで、人生の選択肢が広がりました。

プログラミングは基礎を独学して、働き始めました。

Tesshu

 

 

大学生がプログラミングを独学する手順と体験談…

 

大学生がプログラミングを独学する手順はこんな感じが良いのかなと思います。

 

プログラミング基礎独学→経営者の元でインターンやアルバイトとして働く

 

確かに、プログラミング学習することも大切なのですが、プログラミングは道具なので、使うことが大切です。

 

アウトプットが大事になるということです。

 

自転車の乗り方を学んでいても、ずっと乗れるようにならないです。

 

乗り方を学んだら、どんどん練習して転びながら乗れるようになると思います。

 

プログラミングの基礎学習を何度も続けても、あまり伸びないです。

 

何かしら、アウトプットしていくことが必要になるのかなと感じています。

 

プログラミングでアウトプットすればいいって言われても…

 

プログラミングで、何かアウトプットすると言われても、キツイと思います。

 

自分も作りたいものがあったわけではなかったので、自己紹介のサイトを作って迷っている時期がありました。

 

しかし、迷っているだけではダメだなと感じたので、プログラミングで働いてみることにしました。

 

完全にスキル不足と思いましたが、転びながら学べば良いやという思考でした…

 

会社で働くことで、新しい目標が見つかったり、案件の取り方や進め方などを学べたりします。

 

経営者の近くで、働いてみると良いかなと思います。

 

経営のやり方などを近くで見れるので、働きながら吸収できることが多いです!

 

インターン先を探す方法

 

インターン先を探す方法はこんな感じです。

 

・Twitterなどの求人に応募してみる

・求人サイトを活用する(Wantedly  、レバテック など)

 

自分の場合は、求人サイトを使って応募しました。

 

いくつかのサイトを見て、面白そうなところに応募した感じです。

 

最近は、SNSで求人していることも多いので、チェックしてみると良いのかなと思います。

 

環境に飛び込むと、スキルが向上する

 

プログラミングを使わないといけない環境に行くと、スキルが向上します。

 

プログラミングで働いてみると、独学とはまた違う知識が必要なことに気がつきました。

 

提案力や案件の選定方法など、たくさんのテクニックがあるのだなと感じています!

 

やっぱり環境を変えてみることが大切になります。

 

勇気が必要ですが、挑戦してみる価値ありです!

 

大学生がプログラミングの基礎を独学する方法

 

独学する方法は、こんな感じです。

 

本や動画で学習する→何か作ってみる

 

①本や動画を見て学習する

 

本で基礎知識を学んでみたり、動画教材で学習してみることがおすすめです。

 

自分はどちらかというと、動画教材メインで学習しました。

 

ドットインストールやプロゲートなどがメインでした。

 

Youtubeも英語版なら結構いいコンテンツありました!

 

プログラミング学習にオススメの方法は、記事にまとめました。

【初心者向け】プログラミング学習にオススメの方法 【最初は無料で独学してみるべき】

続きを見る

 

②自分のプロダクトを作ってみる

 

最初は自己紹介のサイトなど、簡易的なものを作ってみると良いです。

 

プロダクトを作ることで、学んだことをアウトプットする感じです。

 

何かサービスを作れば、実績にもなるので働くときにポートフォリオに記載できます!

 

例えば、掲示板や投稿サイトなどなんでも大丈夫だと思います。

 

最初は上手く出来なかったり、時間がかかったりすると思いますが、何度も作っていくことで慣れていきます。

 

プログラミングスクールは少し高いけど、回収可能ですよ〜

 

プログラミングの案件は高いので、サクッとスクールにかかったお金は回収できると思います。

 

おすすめなプログラミングスクールは、この記事にまとめました。

無料あり:プログラミングスクールオススメ2社 【エンジニアが解説】

続きを見る

 

これから、プログラミングができると市場価値が上がると思う

 

コロナの影響で、急速なオンライン化が進んだと思います。

 

オンライン化をしていなかった企業がどんどんウェブサイトや自社サービスなどに投資することが予想されます。

 

さらに、プログラマーはこれから人材不足すると言われているので、必然的に市場価値は上がります。

 

ぶっちゃけ、大学生のうちにプログラミングしようか迷っている時点で、かなりラッキーな状態だと思います。

 

理由はいくつかありますが、若いと習得できる速度が早いし、チャンスもつかみやすいかなと感じています。

 

大学生だと時間もあるので、かなり勉強する環境は良いです。

 

社会人になると、プログラミング学習を始めるハードルは学生の時に比べたら、上がりそうです。

 

プログラミングを普通の社会人も学ぶべきかというテーマで、記事にまとめました。

プログラミングを普通の社会人も学ぶべきか【副業時代にあるといいスキルです】

続きを見る

 

プログラミングができれば、副業もできます~

 

プログラミングで副業することもできるので、将来のスキルとしても良いです。

 

これからは働き方が変わっていくので、そのトレンドに乗っかることが大切だなと感じています。

 

副業も急にはできるようにならないので、学生のうちから準備しておくとアドバンテージが大きいなと考えます。

 

プログラミングと副業のテーマで、記事にまとめました。

プログラミングで副業は可能なのか?

続きを見る

 

大学生がプログラミングを独学する手順:まとめ

 

今回は大学生がプログラミング学習をする手順をまとめてみました。

 

プログラミングを若いうちに習得することができれば、人生の選択肢が広がりそうです。

 

プログラミングを習得するのは、難しいです。しかし、頑張る価値はあるなと感じています。

 

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

-プログラミング, 大学生

© 2021 Tesshu Blog