Webエンジニア プログラミング 副業

プログラミングで副業は可能なのか?

 

プログラミングで副業することは可能なのかな?

プログラミングで副業するには、どのようにすれば良いのかな?

 

こんな疑問にお答えします!

 

どうも、エンジニアとブロガーのてっしゅう(@tesshu)です。

慶應大学在学中にウェブエンジニアになりました。

現在は、プログラミングとブログを軸に収益を得ています。

今回は、プログラミングで副業は可能なのかというテーマをまとめていきます。

参考になれば嬉しいです。

Tesshu

 

 

プログラミングで副業する方法とは?

 

プログラミングで副業する方法とは、大きく分けて4つあるのかなと思います。

 

まとめておくとこんな感じです。

 

・クラウドソーシングサービスを利用する

・知り合いに営業して、案件を取る

・エージェントに仕事を紹介してもらう

・プログラミングを教える

 

1つずつまとめておきます。

 

クラウドソーシングサービスを利用する

 

クラウドソーシングのサービスを利用して、案件を獲得する方法があります。

 

クラウドワークス ココナラ などで、仕事を受注してこなすというやり方です。

 

最初は、利用してみると良いかもしれませんが、中間マージンが発生します。

 

自分はこのやり方で仕事を取ることをしていませんが、多くのエンジニアブロガーさんがオススメしているので書いておきました。

 

時間があるときに挑戦してみようと思います!

 

知り合いに営業して、案件を取る

 

知り合いに営業して、案件を取る方法もあります。

 

最初に仕事を受けたのは、このやり方でした。

 

知り合いに電話やメールを送って、案件をもらうやり方です。

 

結構難易度が高いですが、発注者から直接案件をもらうことができれば、単価はクラウドソーシングよりも高くなる傾向にあります。

 

ワードプレスの移行案件でした。

 

最初はかなり苦戦しましたが、そんなに難しい案件ではなかったので、なんとかなりました。

 

必要だったスキルは、html css javascript wordpress phpだったと思います…

 

営業は時間がかかるので、副業としてやるなら少しきついかもしれないです。

 

学生という時間を営業に消費しました。

 

サクッと案件をやりたいなというモチベだったら、サービスに紹介してもらった方がコスパ良いです。

 

エージェントに仕事を紹介してもらう

 

エージェントに紹介してもらうこともできるそうです。

 

副業なら、案件紹介してもらう方が楽そうですね。

 

色々見てみたのですが、良さそうな案件が多そうです。

 

書いてあるスキルを学んで挑戦してみると良いかもしれないですね。

 

レバテックというサービスが案件の紹介をやってくれます。

 

サービスを活用して、仕事を取るのもありです。

 

プログラミングを教える

 

将来やってみたいなと考えていることです。

 

プログラミングを教えるのってすごく難しいです。

 

Youtubeなどで、プログラミングの先生を募集している広告をよく見ますが、プログラミングを教える人が少ないからなのかなと感じています。

 

ぶっちゃけ、すごくプログラミングスキルが高い人は、あまり人に教えたがらないです…

 

理由は簡単で、コード書いている方が儲かるし、楽しいからです。

 

自分は後からプログラミングを始めた方になるので、小さい頃からやっている人とプログラミングスキルで戦うのは厳しそうです💦

 

教えるところに、大きな市場と空きがありそうなので、これから模索していきます。

 

プログラミングで副業するなら、情報発信を同時並行でやるとメリット多い

 

プログラミングで副業するなら、情報発信もやるべきです。

 

情報発信をやることで、信用・信頼の獲得につながるからです。

 

個人で仕事を取る場合は、会社の肩書きを使うことができないです。

 

毎日コツコツ発信しておくことで、仕事に繋がると感じています。

 

自分の場合は、Twitter、Instagram、音声配信、youtubeで発信しています。

 

Twitter

Instagram

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tesshu Matsuo(@tesshu_matsuo)がシェアした投稿

音声配信

 

急には伸びないので、毎日感じたことや考えたことをコツコツ発信中です。

 

プログラミングは時給労働なので、資産になるものに時間を使うべし

 

プログラミングを習得すると、時給は上がる傾向にあります。

 

しかし、時給労働なので、自分が働かないと稼ぐことはできないです。

 

ぶっちゃけ、副業でプログラミングをやるということは、休日を使ってコードを書くということになります。

 

プログラミングは神経を使うので、意外と疲れが溜まります…

 

なので、資産性がある副業にもコミットしておくことがオススメです。

 

具体例を挙げると、ブログやYoutubeなどです。

 

両方とも育てるのは、時間がかかると思います。

 

自分の仕事を楽にしてくれるので、少しずつ続けています。

 

プログラミングで副業をやると大変な部分

 

プログラミングで副業をやると大変な部分は、やはり自分の休日を使うということです。

 

しっかり休めていない状態になるので、本業に影響を及ぼさないことをメインに考えることが大切そうだなと感じています。

 

自分の場合は、学業に影響を及ぼさないことを第一に営業をしたり、コードを書いたりしていました。

 

コツコツと副業の準備をしていきます。

 

プログラミングを効率的に学ぶなら、プログラミングスクール行くと良いと思う

 

プログラミングを効率的に学ぶなら、プログラミングスクールに行くのが良いです。

 

自分の場合は、学生でした。

 

時間がたくさんあったので、独学でプログラミング学習をしましたが、社会人だとそんなに時間はないと思います。

 

大学生でプログラミング学習した経験は、この記事にまとめました。

大学生がプログラミングを独学する手順【体験済み】

続きを見る

 

先輩達は、みんな忙しそうです…

 

オススメのプロググラミングスクールはこんな感じです。

 

TechAcademy(無料あり)オンライン完結型のプログラミングスクールです。メンターがついて教えてくれます〜

TECH::CAMP プログラミングスクールではとても有名!こちらもメンターがついてくれます!

 

スクールを活用することで、効率よくプログラミングを学ぶことができます。

 

もし、プログラミングの独学に挑戦したい人は、この記事にやり方をまとめました。

【エンジニアが解説】プログラミングは独学することは可能です【基礎身につけたら、現場に挑戦しよう!】

続きを見る

 

プログラミングで副業は可能なのか?:まとめ 

 

プログラミングで副業することは可能です。

 

しかし、プログラミングスキルがないと案件を受注することは難しいのかなと思います。

 

しっかりスキルを学んでから、案件に挑戦することが必要なのかなと考えます。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

-Webエンジニア, プログラミング, 副業

© 2021 Tesshu Blog