プログラミング

プログラマーの需要はこれから上がっていきそう【エンジニアになって思ったこと】

プログラマーの需要はこれから、どんどん上がっていきそうだなと感じました。

ビジネスするときや何か活動するときは必ず、ウェブサイトやシステムが必要な時代になってきているのかなと思います。

もしプログラミングができれば、自分でサクッとウェブサイトなどを作ることもできるし、案件を取ることもできるのかなと考えました。

ビジネスやる上で、プログラミングの知識があるとすごく良さそうです~

Tesshu

プログラミングの需要がこれから上がっていく理由

プログラミングができる人材はこれから、不足していくのかなと感じています。その理由はコロナでオンライン化が2020年に急速に起こりましたが、この流れは止まらないと考えているからです。

実際にオンラインのシステムがあまり構築できていない企業は経営が厳しくなっていく時代に突入していくのかなと感じています。

システムをしっかり構築できていることで、経費を削減できたり、オンライン上で商品を販売できたりすることで、パンデミックが起きた時にリスク管理ができると考えています。

今までは、オフラインがメインだった企業もオンラインのシステムに投資するようになるので、エンジニアの需要が上がってくると思います。

プログラミングを学ぶのも大事だけど、Webマーケティングも大切!

プログラミングを学んでシステムを構築できることは、すごく大きなスキルになると思うのですが、それと同時に必要なのはそのサービスをどのようにして使ってもらうのかだと感じました。

確かに、誰かに頼まれて、ウェブ開発やウェブ制作をすることが、今のエンジニアの働き方だと思うのですが、今後はサービスを考えて、展開するところまでできたら強そうです。

相当努力しないといけなさそうですが、自分のサービスを持っていた方が仕事としても楽しそうだなと考えています。

今は、特にアイデアがないので、フリーで仕事を取ってみたり、企業で働いたりしていますが少しずつ方向を転換していこうと考えています。

いざ作りたいサービスができたときに、広告代を節約するために数ヶ月前からSNS運用を始めてみました…

最初はSNS運用は難しいなと感じていましたが、続けてみたら少しずつ慣れてきました!

自分が運用しているSNSはツイッターインスタグラム音声配信ですね~

プログラミングができれば、世界どこでも働けそう~


ふと最近思ったのですが、プログラミング言語って世界共通なんですよね…

プログラミングができるだけで、いろいろな世界で働けそうです。

今回のコロナは、日本だけの問題ではないのです。

世界全体で見ても、プログラマーの需要は上がっていきそうです。

エンジニアになって思ったこと(注意点)

最近、個人で案件を取ってみたのですが、案件ごとの報酬を受け取る形になるので、常に営業しないといけないなと感じました。

保守やコンサルなどで、サービスを提供することが安定につながるのかなと感じました。

まだ、経験値が足りないので、動きながら考えていきます。

安定性という部分では、かけているなと考えましたが、時給の方はかなり上がりました。

約3000円ぐらいですね…

もし難しい案件を取ったら、地獄を見そうです💦

今後の予定

今後の予定として、考えていることは引き続きプログラミングをやりつつ、情報発信に力を入れていきます。

これからは、個人の時代になりそうなので、自分自身をしっかりプロデュースすることが大切なのかなと考えています。

どんなことができるのか、どんなことをやってきたのかをしっかり発信していくことが必要になりそうだなと感じています。

これから、時間を使って模索していこうと考えています。

-プログラミング

© 2021 Tesshu Blog