音声配信

音声配信とYoutubeを両方やることにした理由と戦略

どうもノマドライフを目指しているてっしゅうです。
音声配信をやっているときにふと思いました。
音声と動画を同時に収録した方が効率がいいのかなと...
同時収録する考えに至った経緯についてまとめていきます。

Tesshu

音声配信とYoutubeを同時にやることにしました

音声配信とYoutubeを同時にやった方が効率が良いなと感じました。

音声を取りながら、動画を撮るということですね。

確かに大変な面もありますが、両方やる方がメリットが大きいなと思いました。

今回は音声配信とYoutubeを両方やることのメリットでデメリットや今考えていることをまとめておきます。

音声配信とYoutubeを同時にやるメリット

音声配信とYoutubeを同時にやるメリットとしては、効率の良さかなと感じています。

音声で話しているときにカメラをセットしておくことで、動画にもなるということはかなりメリットが大きいなと感じています。

1回の作業で2つのプラットフォームで配信できるということは、効率が良いと考えます。

音声配信だけだと、カメラを意識することはありませんが動画だとカメラを気にしないといけないです。

動画コンテンツでの伝え方を学ぶ上では、すごく良い実践方法だと思いました。

音声配信とYoutubeを同時にやるデメリット

ぶっちゃけ大変になると思います。

動画編集と音声配信を両方やることって、作業時間が増えてしまいます。

作業時間が増えてしまうことで、挫折してしまう可能性があるのかなと感じました。

しかし、作業の仕組みを作れば解決できるデメリットかなと思います。

音声配信とYoutube両方やる意味あるの?【将来的な戦略を公開】

自分はあると考えています。

その理由をまとめるとこんな感じになります。

・スキルの派生ができる

・それぞれのプラットフォームの理解ができるようになる

・Youtubeの新しい使い方

・情報発信媒体の使い方を実践ベースで学ぶことができる

1つずつまとめていきます。

スキルの派生ができる

音声配信とYoutubeの両方で発信することで、スキルの派生が見込めると考えています。

ぶっちゃけ、2つの媒体で広告収益を期待することはやめておいた方がよいです。

広告収入のマインドだとと安定しないことやプラットフォームに完全に依存してしまうことになるからです。

両方のコンテンツを広告宣伝費の削減と考えれば、何か自分のサービスなどを提供するときにコスト削減になります。

ビジネスするときは、売上よりも利益が大切ということを学んだら、こういう考え方になりました。

音声発信と動画を両方やってみたい人がいたときにコンサルすることができることや機材の相談などに経験を活かすことができるのかなと感じています。

このような、サービスを展開するときに優位に働くのかなと考えています〜

自分の経験を売ることができる時代なので、独自性が大切になりそうです。

それぞれのプラットフォームの理解ができるようになる

もし法人のコンサルなどをする場合に予算などと相談して、プランを提供しないといけないです。

最近強く思うことなのですが、法人が扱っている商品とSNSのプラットフォームに相性があると思うんですよね。

例えば、カメラを売りたいときに文章で情報発信するよりも、動画で説明した方が分かりやすいことや録音機などを売る場合は、音声で情報発信した方が魅力が伝わるということです。音の良さを伝えるときに文章はあまりいらないですよね…

EX.

カメラの販売会社→インスタグラム・Youtubeで発信が良い

録音機→スタエフなどの音声系のプラットフォームで発信する方がメリット多そう

こんな感じになります。

自分の場合は情報発信のプロを目指しているので、できる限り色々な媒体をやろうと考えています。

なので、色々な面に多様化させているということです。

仕事を取るときにマルチにやっている経験などが提案力に活かすことができるという戦略です。

Youtubeの新しい使い方

Youtubeはオワコンだという意見を最近よく見ますが、自分は全然オワコンではないと考えています。

確かに、広告収益を得ることを目的とした運用は厳しくなると思います。

しかし、自分のアーカイブを残すという観点から見ると、Youtubeはすごく有益な手段だと考えています。

自分はサーバーなどのエンジニアの知識を持っていますが、ネット上にデータを保存しておくことのコストってすごく高いんですよね。

一般のユーザーはあまり意識することはないですが、動画を検索して見るだけでもお金がかかっています…

そのコストは、Youtubeが全て負担してくれているということです。

自分のアーカイブを保存するこというYoutubeの使い方なら、メリットが多いです。

どこかのデータが消えたときにいくつかの場所に保存しておけば、リスクヘッジになります。

情報発信媒体の使い方を実践ベースで学ぶことができる

音声で発信することの良さがあったり、動画で発信する良さがあるなと最近感じでいます。

情報発信する媒体の使い方や特性をしっかり説明できる人は意外と少ないのかなと感じています。

まだ、インターネット自体が新しい技術だと思うので、情報発信する媒体の特性に詳しいというだけで市場価値が上がりそうです。

スキルを身につけるために昔はどこかで、修行する期間が必要でした💦

しかし、現代社会では自分でやってしまった方が効率が良いです。

人に習うというよりは、自分で発見していくことに学び方がシフトしているからです、

楽しみながら、スキルアップするには実践することがベストなのかなと考えています。

音声配信とYoutubeを両方やることにしました:まとめ

今回は、音声配信とYoutubeを両方やることにした経緯をまとめてみました。

確かに作業は大変になりますが、仕組みを作っていけば効率化できると考えています。

試行錯誤しながら、長期マラソンをしていこうと考えています。

-音声配信

© 2021 Tesshu Blog