ブログ

ブログに最適な文字数はないと思う 【読者の問題を解決しよう】

ブログってどのくらいの文字数が良いのかな?

やっぱりたくさん文字を書くことが必要なのかな

こんな疑問にお答えします。

慶應大学在学中にエンジニアとブロガーになりました。

今回は、ブログに最適な文字数はなく読者の問題を解決するべきだと思う件についてまとめていきます。

結論から言うと、ブログ記事の最適な分量は読者の問題を解決できることを意識するべきだと考えています。

Tesshu

ブログに最適な文字数はないと思う

ブログに最適な文字数はないと思います。

読者が抱えている問題を解決することができれば、その記事の価値はあると考えているからです。

できるだけシンプルに分かりやすく、且つ次の行動が適切にまとめられていれば良いです。

シンプルに分かりやすくまとめるには、当然100字くらいでは説明できないです。

読者が抱えている問題を解決することと、プラスして何か次のステップに進めるアドバイスがあれば良いのかなと考えています。

読者視点で考えよう

ブログ記事を書くときに意識するべきことは、読者が何で悩んでいるのか明確にすることが大切です。

【ブログ始め方】:ブログを始めたいけど、何をすれば良いのか分からない

【プログラミング独学やり方】:プログラミング独学に挑戦したい

こんな感じで、キーワードから読者がどんな意図で検索しているのか深掘りしてみることが大切です。

この読者が抱えている悩みを適切に解消することができる記事は、Googleの評価は高くなります。

評価される記事は、SEOで上位表示される可能性が高いです。

一昔前は、長文だと評価が高かった

少し前は、長文の記事がGoogleから高い評価を受けることが良かったそうです。

〇〇ランキング100や〇〇ベストスポット100個など、情報が多ければ多いほど良いとされていた時期もあったということです。

確かに、情報量を必要とするキーワードもあるけど、個人だと参入するのは厳しそうです。

大手企業の資本力には勝てないです💦

個人がブログで戦うには、少しニッチなキーワードで勝負するべきだとかんがえます。

キーワードのボリュームでいうと、100~1000くらいですね…

月間の検索数が1000くらいの悩みを解決することで読まれるブログを作れます。

今の時代は情報が溢れすぎているので、時短できるということが求められているのかなと感じています。

いかに悩みを早く解決できるのかという面が大切になりそうです。

自分は、1記事の量は大体1500字~5000字を目安に記事を書いています。

1つの問題に対して8分ほどで、解決できることを目標にしています。

現代人の集中力が約8分ということを読んだことをきっかけにブログの文字数もその数字に合わせるようにしました。

データによると、この集中時間はどんどん短くなると予想されています。

Tik Tokなどのショートムービーなどのトレンドなどを見ていると、時短するようになる傾向はどんどん進むのかなと考えることができます。

文字数も大切だけど、動画・図解・音声などで説明するのもあり!

最近考えていることなのですが、読者の抱えている悩みが解決すれば良いとシンプルに考えるようになりました。

この悩みを解決する手段って文字だけでは、ないなということに気がつきました。

文字プラス何かでよりわかりやすい記事になると感じています。

読者が抱えている問題が動画の方が説明しやすかったら、動画を取り入れたり、図解の方が良いと判断したりすれば図解して解説するという感じです。

最近、挑戦し始めたばかりですがマルチな媒体で問題解決することがブログに個性を生み出すのかなと感じています。

読者を第一に考えながら、文字数を増やす方法

マルチな媒体で問題解決する前に必要なのは、やはり文章だと考えています。

文章は情報発信の基本になるからです。

ブログの場合は文章を軸にして、読者の顕在ニーズと潜在ニーズで求められている情報をまとめていくことが必要です。

顕在ニーズ:読者が気がついているニーズ

潜在ニーズ:読者が気がついていないニーズ

この2つをしっかり解決することをできれば、記事の質は比較的上がりやすいなと感じています。

文章を補足する形で、他のコンテンツを添えていくという感覚が大切だと考えています!

読者の理解度を高める工夫をすることで、記事の質は上がっていきそうです。

ブログに最適な文字数はないと思う 【読者の問題を解決しよう】

今回はブログに最適な文字数はないと思うというテーマで書いてみました。

目安はありますが、テーマによって文字数は変わってくると考えています。

記事数で迷った時は、読者の問題を解決できているかという視点で考えてみると記事の情報量を調節することができると思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

-ブログ

© 2021 Tesshu Blog